建築等の行為に関する景観法に基づく届出制度 | 環境・景観 | 政策・計画 | 行政情報 | 北海道 真狩村 logo-horizontal logo-vertical

建築等の行為に関する景観法に基づく届出制度

 北海道は、良好な景観形成のため、景観法に基づく景観行政団体として、北海道景観条例の制定と北海道景観計画の策定を行い、景観法に基づく届出制度を運用しています。
 北海道景観計画の中で、特に広域にわたる良好な景観形成を推進する必要がある地域として、真狩村全域が「羊蹄山麓広域景観形成推進地域」として指定されています。
 一定規模を超える建築物、工作物、開発行為について、新築・増改築等を行う場合は、北海道へ事前の届出が必要です。
 詳細については、「建築等の行為に関する景観法に基づく届出制度」をご覧ください。
 

このページの情報に関するお問い合わせ先

真狩村役場 総務企画課 地域振興係TEL:0136-45-3613FAX:0136-45-3162